びまん性脱毛症に効果的な治療法は?

治療薬を使用する治療方法

びまん性脱毛症の治療法の一つは、治療薬を用いる方法です。主にクリニックを受診して、処方された薬を服用します。内服薬と外用薬の2種類があり、医師や病状によって処方される薬は異なります。外用薬は頭皮に塗布して発毛にアプローチするタイプの薬です。ミノキシジルという成分が配合されており、血行を促進させることで発毛に関わる細胞を活性化させていきます。治療期間には個人差がありますが、3~6か月ほどで効果が感じられるケースが多いです。薬は継続して使用する必要があるために、経済面で不安を感じるのであれば医師に相談した方が良いかもしれません。また、びまん性脱毛症は女性に多い病気です。薬によっては妊娠中には使用できないものもあるので、注意してください。

毛髪再生治療による治療方法

びまん性脱毛症には毛髪再生治療による治療方法もあります。薄毛に有効とされる成分を毛根直下に注入する治療法であり、アプローチの仕方によって様々な種類があります。グロスファクター療法は、成長因子を頭皮に注入させる方法です。成長因子には細胞の増殖を促進させる働きを持っており、不足してしまうと抜けやすく細い髪の毛になってしまいます。そこで、不足した成長因子を補うことで、毛根の機能を呼び起こし、発毛を促します。また、HARG療法は、細胞の機能を取り戻す信号を出す成分を成長因子と共に注入する治療法です。グロスファクター療法はクリニックごとに使用する製剤が異なるのに対し、HARG療法では使用できる製剤が決められているという違いもあります。

© Copyright Problem Thinning Treatment. All Rights Reserved.