植毛ってどんな薄毛治療?

薄毛部分に直接植え込む

薄毛や抜け毛で悩む人は多いですが、最近は薄毛治療も進化しており、多くの人がその悩みを解消できるようになりました。かなり進行した薄毛の場合は治療薬だけでは改善が厳しいものがありますが、そうした場合にも有効な方法があります。薄毛治療では植毛という方法もあります。これはその名前の通り、薄くなった部分に毛を植え込んで毛髪の密度を高めていくというものです。
大きく分けて人工毛を使う方法と本人の毛髪を使う方法があります。人工毛の場合はすぐに理想のボリュームを得ることができますが、本物の髪ではありませんので拒絶反応が起きやすい傾向にありますし、一度抜けると生えてくることはありませんので、定期的なメンテンナンスも必要であることは理解しておきましょう。

人気が高まる自毛植毛

最近は人工毛よりも、本人の髪を利用した自毛植毛の人気が高まっています。まず、本人の髪を使いますので拒絶反応も置きにくく、定着した髪はずっと伸び続けてくれますので、メンテナンスも基本的に必要ありません。男性型脱毛症はもちろん、様々なタイプの脱毛症に活用できるのもこの治療の良いところです。
植毛に使う髪は男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪が選ばれています。
髪の採取方法は皮膚ごと切り取るという方法もありますが、最近は皮膚を切り取らずに髪を採取できる技術も登場しています。
本物の髪が再生するのでヘアカットやカラーなども自由に楽しめるのがメリットですが、植毛した髪が成長するにはそれなりの時間も必要ということは理解しておきましょう。
医療機関ごとに症例数や導入している技術や設備には違いもありますので、治療を受ける前はしっかりと比較しておきましょう。

© Copyright Problem Thinning Treatment. All Rights Reserved.