内服薬を使った治療法

大きく2種類に分けられる

薄毛は育毛剤や育毛シャンプーなどによる外側からのケアだけでなく、内服薬による治療もあります。育毛剤や育毛シャンプーなどで直接的に頭皮に働きかけ内服薬で体の内側から発毛しやすい環境づくりを行うと、より効果的だとも言われています。
薄毛内服薬は薄毛クリニックなどで処方箋を貰い購入するのが一般的ですが、近年は個人輸入代行サービスを利用して処方箋無しでも効果の高い薄毛内服薬を購入することも可能です。
薄毛治療の内服薬としてはフィナステリド系とデュタステリド系の2種類があり、それぞれに特徴があります。自分に合う薄毛内服薬を服用するには、それぞれの特徴を知り適切な薬を選ぶ必要があるので、それぞれの特徴をご紹介しましょう。

半年で50%の患者に増毛効果!

薄毛内服薬として一般的に使用されているのは、フィナステリド系の薬です。脱毛原因物質を作り出す5α-リダクターゼという酵素の働きを抑え、抜け毛を防ぐというメカニズムです。半年で約50%、1年で約60%、3年で約80%の患者に増毛効果が実証されています。
デュタステリド系の薬はフィナステリド系と同様に5α-リダクターゼの活性化を抑える作用がありますが、フィナステリド系では抑制できない1型の5α-リダクターゼにも効果を発揮します。フィナステリド系よりも1.5倍高い増毛効果がありますが、その分副作用も大きくなります。
どちらの薬も副作用に性欲減退や頭痛などがあるため、リスクを把握したうえで服用するようにしましょう。

© Copyright Problem Thinning Treatment. All Rights Reserved.